プリベン避妊薬と禁煙について

プリベンは事後に飲むエマージェンシーピルで、ピルと言うのはいわゆる避妊薬になります。
一般的な避妊薬は性行為を行う前に飲む事で、妊娠を避ける事が出来ると言った特徴を持ちますが、プリベンは性行為の後に服用する事で妊娠を避ける事が出来ると言った特徴が在ります。

そのため、事前にピルを飲んだけれども性行為が無かった場合の医薬品の費用の無駄や医薬品を飲む事での成分の蓄積などが無くなると言ったメリットも在ります。

薬と言うものは、本来ならば飲まない方が一番であり、薬を飲む事で薬が体内に蓄積され、効き目が薄れてしまうなどと言われています。

その点、プリベンの場合は事後に服用するため、効果を期待したい時だけ利用できると言ったメリットが在るわけです。

また、この避妊薬は説明書通りに服用する事で、1回の性行為の場合、100人中妊娠した女性の数は僅か2名と言った具合に、高い避妊確率を持つ医薬品です。

尚、プリベンは現在もしくは過去において、脳卒中や心臓発作、肺凝血、足の静脈の凝血、肝腫瘍などの症状を経験している人、35歳以上の人で、1日15本以上煙草を吸う人などは使用する事が出来ないと言われています。

1日15本と言う煙草の本数は決して多くは無いのですが、喫煙をする人の中で比較的多くの本数を吸う人はプリベンの使用を控えた方が良いと言う事です。
尚、プリベンを使って避妊をすると言う事であれば、まずは禁煙をするか節煙をして1日の煙草の本数を減らす事が大切です。

禁煙の方法には幾つかの方法が在りますが、禁煙補助剤を使う場合などでは専門医の相談を行い、医薬品による相互作用などを確認した上で使用する事が望ましいと言われています。

ページトップへ