避妊薬を服用は免疫が低下しないようにコントロール

男性との性交渉の中でコンドームの使用などの避妊方法を拒否されてしまったときには、女性側が行える避妊の方法としてピルを服用するという選択肢があります。
ピルは婦人科などのクリニックを受診することで、処方してもらえる医薬品で、性交渉を行ってから毎日1錠ずつ服用することで妊娠を回避できます。
ピルは女性ホルモンに影響を与えて、排卵を抑制させる効果を得るための避妊薬ですので、ホルモンに影響を与えるというものはステロイド系の医薬品を使用したときと同じように、様々な身体における反応が出てくることも想定しておかなければなりません。
生理痛や月経困難などの症状についても、女性ホルモンの異常によって引き起こされる症状となりますので、ピルを服用することで改善できる可能性があります。
ピルの副作用としては、血栓症を引き起こしてしまうリスクなどが代表的なものとなりますが、その他にも精神的な作用を引き起こすことや、免疫機能の低下が起こるのではないかという説も存在しています。
人間が本来持っている免疫機能について、何らかの異常をきたしてしまうと、身体に様々な影響が及ぼされることが考えられますので、免疫機能をコントロールしておくことも重要です。
ピルを服用しているときには、サプリメントなどを併用して様々な栄養素を補給しておくことがおすすめできます。
副作用としては頭痛や下痢、嘔吐などを引き起こす可能性がありますので、これらの症状に関して予防するための栄養素が含まれているサプリメントについて、併用した場合であってもピルの避妊効果を阻害しないか確認しておく必要があります。
医療機関で処方してもらえる、ロキソニンやクラリスなどの医薬品はピルの効果を阻害しないと言われています。
一方で、抗真菌剤や不眠症、不安症状を解消するための抗精神薬についてはピルと併用できないものがありますので、医者に相談して確認しておくようにしましょう。

ページトップへ