人生で一番幸せな時とも言える「結婚式」。中でも披露宴は、たくさんの親しい人たちに祝って貰える最高の晴れ舞台です。披露宴で最も盛り上がるのは、なんといっても新郎新婦が会場に入場する、その扉が開く瞬間です。幸せ色のスポットライトで照らされて、招待客の視線が二人に釘付けになります。そんな大切な一瞬をさらにドラマティックに演出するには、素敵な入場曲が欠かせません。扉が開く瞬間に、その曲のサビの部分が流れるように調整することが大切です。


 ここ数年、披露宴(結婚式)の入場曲として人気があるのは、GReeeeNの「キセキ」、木村カエラの「Butterfly」です。どちらも曲も、もちろん若者に元々人気があるから選ばれただけではなく、歌詞が結婚式にぴったりで、出だしから盛り上がりがあって、歩くスピードにも合わせやすい曲調も人気の秘密です。また、入場曲一曲でキャンドルサービスをしながら全テーブルを回るので、ある程度繰り返しがあって長めの曲を選ぶことも大切です。他に邦楽ポップスで人気の入場曲には、コブクロの「永遠にともに」、ケツメイシの「幸せをありがとう」、絢香の「おかえり」などがあります。


 ところで、意外とよく使われるのが、定番の「結婚行進曲」。「結婚式といえば、これ!」と、言われるほど誰もが知っているメンデルスゾーンの名曲ですが、子供の頃から結婚に憧れてきた女性たちは、絶対にこれを入場曲にしたいと決めている人も多いのだそう。その他、エルヴィス・コステロの「She」やエンヤの「OnlyTime」も根強い人気です。どれを入場曲に選んでも、そののち何年経ったとしても、その曲を聴くだけで、結婚式のことを思い出すことが出来るような、印象に残る結婚式にできるといいですね。 美容院
姫路 美容室 美容院